なぜ株式取引はWEBがおすすめか

株で取引する方法は、色々あります。電話で取引する事も可能ですし、WEBもあるのです。それぞれ特徴も異なりますが、株式取引はWEBが一番おすすめです。手数料や利便性に関するメリットは軽視できません。

店頭での株式取引の特徴

株は、基本的には証券会社を通じて取引する事になります。まずは証券会社で口座開設して、株の売買をする訳です。
そして多くの証券会社には、店頭取引できます。店頭ですから、証券会社の実店舗に直接足を運んで取引する訳です。
その方法の場合は、分かりやすさに関するメリットがあります。証券会社のスタッフに直接質問できますし、難しいPC操作などをする必要はありません。
その代わり店頭取引は、手数料が若干高めになります。1取引につき1,000円以上の手数料がかかる証券会社も多いです。
また店頭取引の場合は、もちろん店舗まで足を運ぶ必要があります。店舗が自宅から遠いと、少々面倒です。

電話で注文する事も可能

わざわざ実店舗に行くのが面倒な時は、電話取引もあります。実際多くの証券会社では、電話注文も受け付けてくれます。もちろん電話の場合は、わざわざ手間をかけて遠くの店舗まで行く必要はありません。
しかし電話取引も、手数料は若干高めになります。少なくとも電話代はかかるでしょう。それに加えて取引手数料が別途で加算されますから、コストは高めになってしまう傾向があります。

とても便利なWEBの取引

店頭や電話よりは、やはりWEBで株式取引する方が良いでしょう。
WEBには色々なメリットがありますが、その1つは場所です。WEB接続できるなら、どの場所でも構いません。
幸いにも、最近では多くの証券会社はスマホでも取引できます。スマートフォンであれば、場所は選ばないでしょう。
またWEB取引には時間帯に関するメリットもあります。電話注文のように、受け付け時間が限られている訳ではありません。24時間いつでも発注できます。

手数料も格安なWEBの株式取引

そしてWEBによる株式取引には、手数料に大きなメリットがあるのです。実際に確認してみると分かりますが、他の取引方法と比べると、WEBは一番格安になっています。取引手数料が1,000円を超えてしまうケースは、まずありません。手数料を節約したいなら、やはりWEBで取引する方が良いでしょう。
もちろんWEBで取引するなら、PCやスマートフォンなどのIT機器は必要です。しかし操作方法は特に難しくありませんし、コストなどを考慮すれば、一番おすすめです。